トップ > 部門紹介 - リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーションとは?

リハビリテーションとはRe(再び)+ habilitate(資格・権利を得る)であり、
広義では"復権""権利・資格・名誉の回復"を意味しています。

医療でのリハビリテーションとは、病気や怪我によって生じた身体的・知的・精神的・社会的な
機能レベルを最適な状態まで向上させ維持することにより、より高い自立レベルに向けて生活を変えていく
手段を提供することを目的としています。

当院のリハビリテーション科は理学療法・作業療法・言語聴覚療法の3部門により構成されています。
最上地域の中核病院と位置づけられている当院では、術直後・発症直後の急性期リハが高い率を占めています。

理学療法
  • 運動を通し、麻痺や筋力の回復を、座る・立つ・歩くなどの動作に必要なバランスの獲得を促し、日常生活に必要な動作の獲得・維持を目指しています。

    また、失われた下肢・麻痺の回復が困難な下肢に義肢・装具を作製し、歩行などの移動動作の獲得を行っています。
    疼痛の軽減目的に物理療法を行ったりします。

    脳卒中・くも膜下出血などの脳血管障害により手足の麻痺が残った方、骨折や外傷により、関節の動きが制限されたり、筋力が落ちた方が主な対象となっています。

    また、術後の機能低下の予防、臥床による廃用症候群を改善し、不可能となった移動動作の再獲得を目的とした患者さんが対象となります。
作業療法
  • 作業療法の「作業」とは、人が人として生きていくのに必要なあらゆる活動(日常生活、趣味、遊び、労働、創造活動など)を指します。

    患者さん一人ひとりに合わせて、これらの活動を治療手段とし、運動機能、日常生活活動、精神・心理機能等の改善・維持を目指します。そして、これからも生き生きとその人らしく暮らしていけるよう支援して行きます。
    作業療法ではすべての「作業」が、治療の手段にも目的達成にもなります。
言語聴覚療法
  • 言語、発声・発音、認知などの機能が低下し、コミュニケーションが困難になった方に対し、必要に応じて訓練、指導、助言、その他の援助を行っています。

    また、摂食・嚥下障害のある方の検査・評価を行うとともに、より安全な食事ができるよう支援しています。