トップ > 部門紹介 - 栄養管理室

栄養管理室
  • 栄養管理室 技師長

    菅井 郁子

    栄養管理室とは
    第二診療部に位置づけられる栄養管理室には、室長(医師)、管理栄養士5名、調理技能員17名が所属しています。治療の一環として、個人に合わせた食事を提供し、適切な栄養管理に取り組んでいます。平成28年度の栄養管理室ビジョンは次のとおりです。
    1)患者さんに対し適切な栄養管理の提供に努め、地域連携を推進します。
    2)入院患者さんに対し、安心で心和む食事の提供に努めます。
    栄養管理科通信
  • 食事の種類
    主に一般食と特別食(特別な栄養管理が必要な患者様へのお食事)に分けられ、医師の指示により、患者様の病状に応じた食事を提供致します。
    食事時間
    朝食:7時45分、昼食:12時、夕食:18時前後です。保温保冷配膳車を使用し、適時適温給食に努めています。
    選択メニューについて
    食事の種類により、朝食・昼食について2種類の献立をご用意しておりますので、お好きな方をお選び頂くことができます。選択メニューの実施については病棟(予定)献立表でお知らせします。又、朝食に「パン食」を選択することもできます。(食事の種類により、対応できない場合もあります。)
    行事食について
    正月、ひな祭り、こどもの日、七夕、クリスマスなど歳時に合わせた食事の提供をしています。

疾病に即した食事療法について、医師の指示により、患者様の生活条件や嗜好などを考慮した指導を行っています。

個人指導
(予約制)
月曜日から金曜日の毎日9時30分~16時
ご希望の場合は、医師・看護師にご相談ください。
集団指導
(予約制)
糖尿病教室 ①第1・2木曜日15時~、②第3・4木曜日15時~
※①と②は同じ内容になっております。
(月によって変更することがあります。お問い合わせください。)

通院、入院中の患者様やご家族の方を対象としています。ぜひご利用下さい。
そのほか、減塩教室、人間ドック指導などがあります。

糖尿病教室について

NSTとは

Nutrition Support Team(栄養サポートチーム)の略で、食欲不振、嚥下障害、低栄養状態(低アルブミン血症)、褥瘡等がある患者に対して栄養状態を改善して治療効果を高めることを目的に多職種(医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、リハビリスタッフ等)で構成されたチームです。具体的には必要栄養量の計算をし、その結果に基づいて食事、輸液、経腸栄養等の内容を検討したり、薬剤の変更や各種検査等を提案したり、各専門職の特性を活かして栄養サポートにあたります。当院では、平成25年5月から「NST加算」を算定しています。

当院NSTの活動内容

週1回、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、言語聴覚士で回診しています。退院する時には、患者さんに合わせて退院後の栄養についてパンフレット等を差し上げます。当院から他の施設へ移られる場合には、退院先へ「栄養情報提供書」を送付して継続した栄養管理ができるよう、地域連携を強化しています。



NST勉強会のご案内

開催日時:平成29年3月16日(木)17:45〜18:15
開催場所:新庄病院内C棟3階会議室③
テーマ:県立新庄病院NST1年間のまとめ

NST通信

①一般食

②行事食

③出産祝膳

当院で出産された方には、お祝膳をご用意しております。

出産祝膳
・ロールパン
・コーンスープ
・豚ヒレ肉レモンクリームソース~洋梨ソテー添え~
・グリーンサラダ
・キッシュ
・プチケーキ
※肉料理が食べられない方には魚料理をお出しします。

④新メニュー

新庄病院では病院食に「乳和食」を取り入れています。「乳和食」とは、水の代わりに牛乳を使う、牛乳で調味料を割るといった方法で、牛乳の旨みを利用して作る和食のことを言います。牛乳のコク・旨みが出るため、食材本来の風味や特徴を損なわずに手軽に減塩することができます。牛乳の栄養素も摂れるのでオススメです。

レシピのご紹介