トップ > 病院からのお知らせ - 当院利用の皆さまへ

当院利用の皆さまへ

2017.01.26

「総合診療専門医研修プログラム」における後期研修医の募集開始について

医療関係者さまへ

当院では、以下のとおり、「総合診療専門医研修プログラム」における後期研修医の募集を開始しました。

当院は最上二次保健医療圏唯一の中核病院であり、一次から三次医療まで、地域のさまざまな症例の患者さんが多数来院します。
医療圏の人口は8万人弱ですが、65歳以上の老年人口が32%を超えるなど高齢化が進んでおり、複数の疾患の医学的管理を必要とする高齢者も多く来院します。
また、救急指定病院であることから、圏内の救急患者は殆ど当院に搬送されますし、へき地医療拠点病院として、地域の町立病院、村立診療所と連携して地域医療を支えています。
チーム医療にも力を入れており、がん治療や医療安全、ICT、NST等様々な部門で他職種の取組みを推進しております。
当院が基幹病院となり、地域医療では最上町立最上病院や大蔵村診療所、救急医療は県立中央病院、高度先進医療は山形大学医学部付属病院/総合医学教育センター、精神科は県立こころの医療センター、緩和ケアは県立河北病院が研修施設として参加しておりますので、総合診療専門医を目指すために、要望に応じてフレキシブな研修環境を提供します。

是非、当院で総合診療専門医を目指してください。
随時、病院見学も受け入れております。

【募集概要】

応募資格 初期研修修了者及び平成29 年3月に初期研修修了見込みの者
募集人員 2名
研修期間 平成29年4月1日から3年間
身分及び給与 (1)身分:一般職に属する有期限常勤職員
(2)給与:給与は、職員の給与に関する条例、規定等に基づいて正職員に準じ支給されます。
初任給は学歴や経験等により決定されます。この初任給のほか、扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当等が支給されます。
※ 年収約1,350 万円~(宿日直3回、時間外勤務40 時間の場合で、期末勤勉手当を含む例。)
(3)その他
・ 休暇:山形県職員に準じます。(年次有給休暇 1年目15 日、2年目以降20 日、夏季休暇等、その他の有給休暇制度有。)
・ 社会保険等:地方公務員共済組合に加入。
・ 医師賠償保険:病院において包括加入及び個人加入有。
・ 宿 舎:3DK又は2DKの医師アパート有。
研修内容 山形県立新庄病院総合診療専門医研修プログラムに基づき、指導医の指示に従い、診療業務を通じ臨床研修を行います。
選考の方法 選考は面接により行います。
選考の日時及び場所 ・日時:随時
・場所:山形県立新庄病院(新庄市若葉町12番55号)
※ 選考の日程等詳細については、後日応募者に対し通知します。
応募の手続き 電話連絡のうえ、下記の書類を選考日の3日前まで提出してください。
・ 平成29年度後期臨床研修医採用選考申込書
・ 医師免許証の写し
・ 履歴書(写真貼付)
・ 専攻科医師の推薦書(上司、指導者の署名・押印があるものを提出してください。)
提出先及び問合せ先 山形県立新庄病院総務課
〒 996‐0025 新庄市若葉町12 番55 号 Tel 0233(22)5525(代)
その他 (1)給与については、正職員の給与改定に準じ改定する場合があります。
(2)病院見学を随時受入れています。
(3)本プログラムは、一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療後期研修プログラムとして認定されたものです。

【ダウンロード】

山形県立新庄病院における平成29年度後期臨床研修医 募集要領(PDF) ダウンロード
平成29年度山形県立新庄病院後期臨床研修医 採用選考申込書(Word) ダウンロード
研修プログラム(PDF) ダウンロード

【参考】

平成27年度 山形県立新庄病院 病院指標

2016.10.08 総合診療専門医について

2016.08.09 総合診療専門研修プログラムの平成29年度実施見送りに伴う対応について:PDFページを開く
(一般社団法人日本専門医機構へリンク)

2016.08.09 総合診療専門研修プログラムの延期に伴う本学会の対応について:PDFページを開く
(一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会へリンク)