トップ > 病院からのお知らせ - 当院利用の皆さまへ

当院利用の皆さまへ

2017.01.07

新澤管理者の年頭訓示がありました

当院利用の皆さまへ

新澤管理者の年頭訓示がありました

1月5日に新澤病院事業管理者が来院し、年頭訓示が行われました。

はじめに、県民医療を守り支えるために不断の努力を重ねていることに職員への謝意がありました。

そして、今後は移転新築が決定している新病院の建設場所の決定、基本計画の策定などを通じて、新たな新庄病院像が見えてくるとし、最上地方創生の牽引役となるような新庄病院を目指していこうと呼びかけがありました。

また、喫緊の課題である医師確保に向けて、院長とともに山形大学との連携をさらに強化するとともに、新病院にむけて人材育成が重要であり、引き続き力を注いていくとのお話がありました。

さらに、V字回復プロジェクトの取り組みを通じて見えてきた課題等に対応するため
①経営の厳しい状況を共有、特にキャッシュフローの重要性
②チーム医療による医療の質の向上
③地域連携の強化
④コスト意識の徹底
⑤SNS等ICTの活用による医療スタッフの確保
⑥意識改革による質の高い医療の提供
等について、取り組みを強化し、病院事業局のビジョン「運営基盤を強化し、時代が求める医療ニーズに応えていく」の達成に向けて、ともに頑張っていきましょうと訴えられました。

新澤管理者の年頭訓示がありました

訓示後には、病院事業管理者賞と職員提案表彰が行われました。

受賞者は以下の皆さんとなっております。

受賞された皆様、誠におめでとうございます。

【病院事業管理者賞】

◎仁木敬夫さん【診療機材部副部長(兼)小児科医長】
・新庄病院まつり実行委員長として尽力されるなど、患者サービスの向上に貢献

◎慶野伸美さん【看護専門員】
・電子カルテの導入とその後の円滑な運用に継続して尽力されるなど、業務の効率化に貢献

◎伊藤義一さん【医事経営相談課】
・ほぼ毎日の病院公式ホームページの更新、FacebookやTwitterの活用により、病院の情報発信の取組みを積極的に推進するなど、経営の改善に貢献

【職員提案優秀賞】

◎蛸井邦宏さん【放射線部】
・長距離トラックドライバーや運転手をターゲットに、脳ドック利用件数の増加について提案

◎笠原由美さん【医事経営相談課】
・掃除の日を設け、病院の環境改善と職員の意識・チームワークの向上について提案