トップ > 診療科/医師紹介 - 外科・乳腺外科

外科.乳腺外科
  • 副院長
    石山 智敏
    ●免許取得: 昭和61年 ●専門分野等: 血管外科、癌化学療法、緩和医療
    ●資格等: 日本外科学会専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構認定医・暫定教育医、日本乳癌学会乳腺専門医、臨床研修指導医講習会等受講、日本緩和医療学会暫定指導医
  • 手術部長
    神宮 彰
    ●免許取得: 平成2年 ●専門分野等: 食道外科
    ●資格等: 日本外科学会専門医、日本食道学会食道科認定医、日本がん治療認定医機構認定医、日本消化器外科学会専門医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、臨床研修指導医講習会等受講
  • 検査部長
    松本 秀一
    ●免許取得: 平成3年 ●専門分野等: 経腸栄養、一般外科、胸部外科
    ●資格等: 日本外科学会専門医、検診マンモグラフィー読影認定医、日本がん治療認定医機構認定医、JATECインストラクター、JPTECインストラクター、ICLSディレクター、臨床研修指導医講習会等受講
  • 放射線部副部長
    菊地 二郎
    ●免許取得: 平成8年 ●専門分野等: 経腸栄養、一般外科、胸部外科
    ●資格等: 臨床研修指導医講習会等受講
  • 医療情報部副部長
    高須 直樹
    ●免許取得: 平成10年 ●専門分野等: 消化器外科
    ●資格等: 日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医、日本消化器病学会専門医、日本がん治療認定医機構認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、医学博士、緩和ケア研修会終了、NST医師教育セミナー終了
  • 救急部副部長
    山谷 英之
    ●免許取得: 平成11年 ●専門分野等: 一般外科
    ●資格等: 日本外科学会専門医
  • 地域医療部副部長
    太田 英樹
    ●免許取得: 平成12年 ●専門分野等: 呼吸器外科
    ●資格等: 日本外科学会専門医・指導医、呼吸器外科専門医合同委員会認定呼吸器外科専門医、日本がん治療認定医機構認定医、肺がんCT検診認定医師、ICD制度協議会認定ICD、JATECインストラクター、メディカルコントロール指導医、日本呼吸器外科学会評議員、臨床研修指導医講習会等受講、日本DMAT、日本胸部外科学会正会員、緩和ケア研修会終了
診療内容のご案内

内視鏡下手術

患者さんの手術侵襲の低減化や早期回復・早期退院のため、腹腔鏡や胸腔鏡を用いた
鏡視下手術を積極的に行っています。

悪性疾患

悪性疾患の外科治療においては、癌の根治性と安全性、術後のQOLを考慮し、個々の患者さんの病状、
全身状態をふまえ、術前に十分な説明と同意を得た上で、治療方針を決定しています。
また、化学療法に関しても外来化学療法室を設置して積極的に取り組んでいます。

遠隔診断・クリニカルパス

山形大学病院と遠隔病理診断装置で連結し、術中迅速診断を行い正確な診断のもと治療に当たっています。
また、主な疾患にクリニカルパスを導入し、患者さんによりわかりやすい治療の説明を行っています。

救急体制

救急疾患に対しては、緊急用拘束医制度をとっており、チームによる迅速な対応、
緊急手術ができる体制を整えています。

症例検討会

毎週金曜日、外科・内科・放射線科・麻酔科などが集まり、術前患者さんの症例検討会を行い手術内容、
治療方針を決定しています。また、この検討会の中で術前診断技術の向上にも努めています。

診療実績

癌の根治性を求めて食道癌、胃癌、大腸癌、肝癌、膵癌、胆管癌等の
悪性腫瘍の根治手術と術後の予防及び再発時の抗癌剤療法も行っています。

また、これまで癌の進行度が高く手術不能であった患者さんにも近年開発された新規抗癌剤の投与や放射線療法を
積極的に行い生存率の向上を目指しています。腹腔鏡による手術を積極的に導入し、
胆石症に対してはルーチンに腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。

また虫垂炎に対しても腹腔鏡下虫垂切除術を行っており従来の方法に比べ入院期間の短縮、創痛の低下、
術創の美化など良好な結果を得ています。脾臓摘出や副腎摘出も腹腔鏡下に行っており、さらに最近では
食道・胃・大腸(直腸も含む)の悪性腫瘍にも適応範囲を広げています。

近年肺癌の発症率の上昇に伴い、検診の果たす役割が重要となってきています。
当院ではヘリカルCTを積極的に行っており、肺の微小病変の発見に努めています。術前の喀痰細胞診や
気管支鏡では診断のつかない微小病変に対して、胸腔鏡下の切除・術中迅速病理診断を行い、
悪性の場合にはリンパ節郭清を伴う根治術を行っています。
進行癌の場合は予後向上のため、術後の抗癌剤治療や放射線治療を積極的に行っています。

腹部大動脈瘤や下肢動脈閉塞に対して工血管置換術やバイパス術を行っています。
また薬物療法による治療も行っています。
下肢静脈瘤に対する手術・治療も行っています。小児ヘルニアは手術前日に入院していただき、
手術を行った翌日に退院になります。

がんの治療実績

肺がん

Stage 全症例 追跡率(%)
症例数 46 17 13 1 110 70
5年生存率(%) 85 71 31 0 71

食道がん

Stage 全症例 追跡率(%)
症例数 6 4 12 8 38 100
5年生存率(%) 83 80 33 25 49

胃がん

Stage 全症例 追跡率(%)
症例数 197 45 60 60 492 74
5年生存率(%) 96 73 52 10 72

結腸がん

Stage 全症例 追跡率(%)
症例数 14 51 56 21 194 73
5年生存率(%) 93 96 79 19 77

直腸がん

Stage 全症例 追跡率(%)
症例数 25 21 26 11 133 68
5年生存率(%) 96 76 85 18 78

注:集計対象は、1998年(平成10年)から2004年(平成16年)までに当院外科で治療を受けた患者です。

その他の特記事項

最上地区においても最新の外科治療が受けられるよう、スタッフ全員が新しい診断・治療技術の修得に励んでいます。
また患者さんに安心して治療していただくために、詳しい説明と同意を得ることを心がけています。

外来は予約制になっていますが、緊急の場合や体調の悪い方はいつでも受け付けます。

専門医制度と連携したデータベース事業について(患者様へ)[PDF:147KB]