トップ > 診療科/医師紹介 - 脳神経外科

脳神経外科
  • 副院長
    蘇 慶展
    ●免許取得: 昭和59年 ●専門分野等: 脳神経外科一般、脳血管障害
    ●資格等: 日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医
    日本がん治療認定医機構暫定教育医、臨床研修指導医講習会等受講
  • 医療安全部副部長
    加藤 直樹
    ●免許取得: 平成9年 ●専門分野等: 脳神経外科一般
    ●資格等: 日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医
診療内容のご案内

日本脳神経外科学会認定専門医2名のスタッフより構成されております。新庄・最上地域における広域基幹病院として、脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍を中心に脳神経外科全般に対応できる体制を整えております。特に当院は救急患者を24時間受け入れており、脳卒中、頭部外傷などの救急患者への対応は万全です。また、当科では患者さんへ情報提供を十分行うことで、患者さん本意の医療が行われるように心がけています。

さらに、最新の画像診断装置、治療機器を導入し、より安全で侵襲の少ない、かつ確実な治療を行えるような工夫をしております。なお、他施設や神経内科、放射線科とのカンファレンスを積極的に行い、たとえ診断、治療が困難な症例であっても常に最新の知識と医療技術をもってこれに対応するように努めております。

外来診療について

外来診療 月―金の午前11時30分まで受け付けており、電話での新患予約が可能です。
再来は予約制となっております。

*緊急の患者紹介、入院紹介は24時間受入可能な体制をとっておりますのでお気軽にご相談ください。

診療実績

脳卒中への治療においては、しばしば迅速さが要求されます。当科では最新の診断機器を駆使し、確実な診断をすばやく行うとともに症例に応じた適切な治療を選択し、良好な予後(結果)を得ております。特にくも膜下出血、脳出血に対する手術治療成績には定評がありますが、更に高度の技術を取り入れ、より良い治療結果を常に目指しております。手術後の管理はICUを中心にレベルの高い綿密な対応を行っており患者さんには安心して治療を受けていただけるものと自負しております。

当科では最新のMRI、CTにて非侵襲的に未破裂脳動脈瘤などの疾患を正確に診断できるようになっております。
さらに、脳ドックが普及し、未破裂脳動脈瘤の発見頻度が増加しております。治療方針は、まず御本人、御家族の
意見をよく聞くことを基本姿勢とし、正確な説明を行い、あらゆる方にご満足いただけるように努めております。

積極的に摘出術を行い、良好な成績を得ています。ただし、偶然見つかった症例では、
1例ごとに慎重に手術適応を検討し、ガンマナイフ治療(放射線治療)の適応症例は、
他施設に依頼することにしております。

手術適応症例に対する摘出術に加え放射線・化学療法を併用しています。生存率向上だけでなく、
患者さんに有意義な人生を送っていただけるような治療を選択していただけるよう目指しています。

二分脊椎、水頭症はもとより他の脳奇形など生下時より脳神経外科的治療が必要な患者さんに対しては
御家族の御心配を念頭に置き、十分説明させていただいた後、小児科とタイアップし、
ご満足いただくよう治療を行っております。

顔面痙攣、三叉神経痛、難治性痙攣、脊椎脊髄疾患は機能的脳神経外科 に位置します。これらの疾患についても
十分なインフォームドコンセントと慎重かつ安全な手術により患者さんには十分ご満足頂いております。

また、山形大学医学部附属病院脳神経外科で合同手術カンファランスを行い、より専門的な、
より高度の治療について大学病院の協力のもとに更に質の高い医療を提供できるよう研鑽を行っています。

その他の特記事項

当科ではリハビリ科と週一回のカンファランスをもつなど、密に連絡をとり、
特に脳血管障害症例を中心に早期リハビリを行っています。