トップ > 入院のご案内 - 退院について

退院について
  • 退院日は、医師の判断により決定させていただきます。

    退院日当日は、入院を控えている他の患者様の準備等のため、特に支障のない限り午前10:00までに病室を空けてくださるようお願いいたします。
入院の料金

入院の料金は、山形県立病院料金条例に基づき、健康保険法等で定められた診療報酬点数表や診断群分類
(DPC)点数表、山形県立病院料金規程等により計算します。診断群分類(DPC)点数表は、
傷病名ごとに重症度、手術・処置の有無、副傷病の有無等により細かく分類してそれぞれ1日当たりの包括点数
(入院基本料、検査、投薬・注射等を包括した点数)を定めたものです。

保険診療における患者様のご負担(主なもの)は次のとおりです。

入院分 義務教育就学前 2割 ※1
義務教育就学以降 70歳未満 3割 ※1
70歳以上の方 1割(自己負担限度額44,400円/月) ※2
公費負担医療 各制度で定める負担額
食事分 1食につき260円 ※3
※1 70歳未満の方は、保険者に申請して交付を受けた「限度額適用認定証」をご提示いただくと、自己負担限度額(一般の所得の方の場合:80,100円+(医療費の総額-267,000円)×1%)までの負担となります。多額の現金の準備が不要になりますので、「限度額適用認定証」のご利用をお勧めします。なお、「限度額適用認定証」を提示されない場合は、当院へのお支払い後に患者様が保険者に申請することにより、限度額を超えた分が支給されます。
※2 現役並み所得者の負担割合は3割で、自己負担限度額は「80,100円+(医療費の総額-267,000円)×1%」です。また、低所得世帯の自己負担限度額は、保険者に申請して交付を受けた「限度額適用・標準負担額減額認定証」をご提示いただくと、所得に応じて24,600円又は15,000円になります。
※3 低所得世帯の方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」をご提示いただくと、所得に応じて100円、160円又は210円になります。

次のものは保険が適用されませんので、全額をお支払いください。

個室使用料 1日につき2,810円 ※1
特別室使用料 1日につき8,100円 ※1
分べん介助料等 産婦人科外来又は2病棟に備え付けてある
資料をご覧ください。
新生児衣類等使用料
病衣使用料 1日につき70円
文書料(診断書料、諸証明書料等) 1通につき1,260円~5,250円
長期入院料 1日につき2,060円 ※2
※1 ホテルの宿泊料金の計算方法とは異なり、午前0:00を起点として1日単位で計算しますので、1泊2日入院の場合は2日分の金額となります。
※2 通算される入院期間が180日を超えた場合にかかります。ただし、難病患者、重度の肢体不自由者(脳卒中後遺症、認知症の患者を除く)、人工呼吸器使用患者等の厚生労働大臣が定める状態にある方は除かれます。

料金のお支払い
  • 料金の計算は、月単位で行います。
    納入通知書(請求書)は、次のとおりお渡しします。

    1)退院時に病室にお届けします。
    ただし、急な退院や診療内容の確認に時間を要する場合等は、後日、郵送させていただきます。
    2)月をまたいで入院されているときは、翌月の中旬頃に前月分を病室にお届けします。
    ※後の確認により追加で請求させていただくことがありますが、ご了承願います。

    お支払いは、次のとおりお願いします。

1)窓口の場合

平日
午前8:30~午後6:00
1階「入院・外来会計3番」でお支払いください。
クレジットカードもご使用いただけます。
平日
午後6:00~午後10:00
土・日・祝日
午前8:30~午後10:00
1階「再来受付8番」で預り金としてお預かりし、
「預り証」を発行します(現金のみ)。
このとき、併せて「納入通知書・領収証書(本人用)」もお預かりし、後日精算のうえ郵送いたします。
午後10:00~翌日午前8:30 申し訳ありませんが、お預かりできません。

2)銀行振込、現金書留郵便によるお支払いもできますので、ご相談ください。

お支払いが遅れそうなときや一括でのお支払いが困難なときは、事前に看護師にご相談ください。
分割払いのご相談も承ります。

領収証書は、高額療養費の支給申請、所得税確定申告の医療費控除申請等に必要ですので、大切に保管してください。
なお、領収証書の再発行はできませんが、有料で支払証明書を発行いたします。

請求内容にご不明な点がございましたら、会計窓口又は納入通知書(請求書)を
お届けした係の者へご照会ください。

診断書・証明書の発行

1階「診断書受付(再来受付8番と同じ場所)」にお申し込みください。